結婚指輪のデザインの選び方

こんにちは、CRAFY鎌倉店です。
今回は、自分に似合う指輪のデザインの選び方についてです。

CRAFYでは、シンプルなものから、デザイン性のあるものまで一生モノの結婚指輪・婚約指輪をお好きなデザインで制作していただけます。

せっかくならとことん自分に似合うもの、納得いくものを選んでいただきたい。日々使い、目につく結婚指輪だからこそ「似合っている」「自分らしさ」が大事になってくると思います。

指輪に色々なデザインがあるように、手や指にもそれぞれ個性があり、似合う指輪のデザインは指と指輪自体のボリューム感で決まってきます。
そこで、今回は指の形にあった指輪のデザインの選び方をご紹介させていただきます。悩まれたときに是非参考にしていただきたいです!


〜細い指の場合〜
女性らしい印象の細い指の場合、ボリュームのある太めの指輪ですとバランスが悪くなってしまいます。指の細さを美しく魅せてくれる指輪のデザインがこちらになります。



やはり指の細さを生かしてくれるストレートで華奢なデザインの指輪がオススメです。アームの幅は細めか普通なものを、石や彫りはワンポイとで強調しシンプルにしていただくと指との相性がよいでしょう。

※アームデザイン=ストレート/アーム幅=細い・普通/石や彫り=シンプル



〜太い指の場合〜
太めで大ぶりの指輪ですと、どうしても男性っぽくなってしまいます。
しかし、細く華奢な指輪にしてしまうと糸が食いん込んだようにみえ、逆に指の太さを強調させてしまう可能性があります。そんなお悩みの方にオススメのデザインがこちらになります。



細長効果のあるV字の指輪と女性らしいウェーブなどスッキリとした雰囲気の指輪がオススメです。
指の太さを指輪のデザインでカモフラージュすることができます。ほどよい幅のアームに、石や彫りなどの装飾を華やかに入れていただくとよりよくみえます。装飾を華やかにすることで、目線を指輪に集め全体に動きがでるので細くみえる効果もあります。

※アームデザイン=V字・ウェーブ/アーム幅=普通/石や彫り=華やか



〜長い指の場合〜
どの指輪も似合う指であることが特徴です。
特に大ぶりなデザインや華やかなデザインのものと 相性がよさそうです。選択枠の多いなかでもオススメの指輪のデザインがこちらになります。



シンプルなデザインはもちろん、幅にボリュームがあるもの、装飾や形をウェーブやV字などいろいろと選べることができます。
より個性的にしていただけます。また、細く華奢デザインのものを単体のままつけますと指のボリュームが目立ってしまう場合もあるので婚約指輪や他のリングと重ね付けしていただくことでボリュームアップさせて楽しんでいただくこともできます。

※アームデザイン=ストレート・曲線/アーム幅=太い・普通/石や彫り=華やか・個性的



〜短い指の場合〜
なるべく指と指輪のバランスをかわいくみせ、指をなるべく細長く見せたいという場合はこちらのデザインがオススメです。



ウェーブやV字など動きのあるデザインがお似合いになると思います。
ただ、幅が広いものなどは指の長さを分断してしまうので、細めのタイプでV字などは深めにしていただくと相性がよいでしょう。さらに、指輪のお色は肌なじみのよいゴールド系を選んでいただくと指も指輪もバランスよくみせてくれるでしょう。

※アームデザイン=V字・曲線/アーム幅=細い/石や彫り=華やか・シンプル



〜筋張った指の場合〜
関節が太く、指がごつごつとした存在感を抑えたい場合はこちらのデザインがオススメです。

関節が太いけれども、指の付け根が華奢なためその変化をカモフラージュすることを意識して選んでいただくとよいでしょう。
関節と同じくらいになるボリューム感で、エタニティなど全体にデザインのあるものが良いでしょう。また、一ヶ所をシンプルにねじりやひねりといったデザインにしていただくか、石を連続彫留めなどして少しアクセントをつけるのもよいかもしれません。

※アームデザイン=曲線・V字/アーム幅=太い/石や彫り=華やか


いかがでしたか?
今回紹介させていただいたことを参考になんとなくデザインを決めていただき、お店にきていただけたらと思います。

やはり実際にお店に来ていただきサンプルをご試着していただくことがオススメです。おふたり
にとってベストなリングを見つけていただけますよう、スタッフにデザインを相談していただけたらと思います。

現在、CRAFY では5月9日までにご制作いただいたおふたりを対象にキャンペーンを行っております。是非、この機会に指輪を手作りで制作していただき、おふたりの想い出をひとつプラスしていただけたらと思います。

https://www.wedding-makers.net














 

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る