ご結婚指輪を選ばれる際の金属アレルギーについて

皆さま、こんにちは。CRAFY京都店です。

今回は金属アレルギーについてのお話をさせていただこうと思います。

金属アレルギーは年々増加傾向にあると言われています。

日本では十人に一人の割合と言われており、大人になってから発症する可能性もあります。

そのことを思うとご結婚指輪をお選びいただくときの一つの選択肢として

大きく関わってくるものとも言えます。

そもそも金属アレルギーとはどのようなものなのかについてですが、

かゆみや赤み、かぶれなど金属に触れた部分に起きる皮膚炎のことです。

そして、金属アレルギーが起きる要因としては

金属が汗などによりイオン化すると皮膚のタンパク質と結合をし別物のタンパク質となります。

それにより体が異物と判断してしまい、防御をして免疫反応が出るために

アレルギー反応が起こります。

体が自分を守るために頑張ってくれていると言うことですね。

ですが、そのためとはいえ金属アレルギーは不安の要素になるものです。

ご結婚指輪は一生ものなので、これからもずっと付き合い続ける貴金属となります。

安心してつけ続けていくためにはどのような素材のものが良いのか、

どのような対策をすれば良いのかなどを知っていることはとても大切ですよね。

ここからは、金属の素材によってアレルギーが出やすかったり出にくいものについての

ご紹介と対策についてお話をしていこうと思います。

金属アレルギーになりやすい素材として有名なものは、

ニッケル

コバルト

パラジウム

クロム

すず

水銀

などです。

そして、アレルギーを起こしにくい素材として代表的なのは、

プラチナ

ゴールド

シルバー

チタン

などが上げられます。

プラチナやゴールドは元は柔らかい金属の為、100%その素材だけではアクセサリーに適しません。

色や艶、美しい細工を施すために違う金属を配合して丈夫にし、

ある程度の硬さも持たせてジュエリーは作られます。

その中にはニッケルやパラジウム、シルバーや銅を含んでいるものもあります。

プラチナやゴールドでアレルギーを起こされる場合は配合物の割合が原因で

出ている可能性が高いと言われています。

上記の点を踏まえ、出来るだけお店で素材についての

ご説明を受けていただくことが最良と言えます。

ゴールドは金属が溶け出しにくいのでアレルギーは起こしにくいのですが、

プラチナは更にアレルギー耐性が高いと言われています。

その理由がゴールドに比べると純度が高く混ぜものが少ないからです。

一般的にK18ゴールドは75%が金、25%がその他の合金となります。

比べてプラチナはPT900は、90%がプラチナ、

PT950は、95%がプラチナとなります。

含むその他の合金としては5〜10%ととても少ないです。

純度が高いプラチナがアレルギーをより起こしにくいというのも頷けます。

アレルギーを起こす方の中には金属の経年劣化が原因の方もいらっしゃいます。

プラチナは経年変化が少ないことも特徴なので、長くつけていても変化しにくい素材を選ぶことは

アレルギー対策の一つとなります。

素材を確認していただくことは大事ですが、金属を清潔に保つ事もとても大切です。

汗をかいたり、水を使う場面などではこまめに外すようにしたり、

一日使い続けた際にはクロスなどの柔らかい布で拭いていただくだけでも

金属を清潔に保つことができます。

そして、より良い状態にすることで金属を長持ちさせることにもつながります。

また、皮膚科などでどのような金属にアレルギー反応を起こしているかなども

お調べいただくとより安心してご結婚指輪をお選びいただけるかと思います。

いかがでしたでしょうか?

これからの人生を共にするご結婚指輪。

選ぶ選択肢としてここに書かせていただいた内容が少しでも

お役立ていただけましたら幸いでございます。

皆さまに素敵なご結婚指輪との出会いがありますように。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る