婚約指輪・結婚指輪の由来について

手作り結婚指輪

CRAFY目黒本店です!
今回は、婚約指輪・結婚指輪についての由来や歴史についてのご紹介です。

手作り結婚指輪

そもそも婚約指輪・結婚指輪はいつからあるものなのでしょう?
婚約の時に指輪を贈る習慣は、古代ローマ時代にはすでに存在していたと言われていますが、紀元前3世紀頃の古代エジプトでは、結婚儀礼として指輪が交換されていたとも言われています。
起源はあまりに歴史が深いため諸説あるといったところのようですが、ツタンカーメン王の名を刻んだ指輪やその王妃の名を刻んだ指輪をはじめとする数々が、古代エジプトの遺跡や墓から出土しているので、少なくとも古代エジプト時代から指輪が存在していたことは確かなようです。

手作り結婚指輪

“指輪” はエジプトの象形文字では “円” で描かれています。どこまでの終わりのない円の形は、“永遠の象徴” だったのです。
古代エジプトでは麻や葦のヒモなどで作られた指輪を交換する風習があったとされています。永遠の繁栄や富を共同所有する証として、結婚相手と指輪を交換する風習が生まれ、麻や葦で作られた指輪は、耐久性に問題があったため、次第に獣の革や骨、象牙などが使われるようになっていきました。

手作り結婚指輪

現在のようなカタチで、結婚の際に指輪を交換する習慣は、キリスト教が結婚に関与するようになってから生まれたものとされています。
9世紀には、ローマ教皇ニコラウス一世が、指輪が結婚の証拠になると認めたという言い伝えが残っており、1027年には、結婚式では「花婿は花嫁に金の指輪を、花嫁は花婿に銀の指輪を交換している」という記録が残されています。(ミュール「ローマの結婚指輪の起源」より)
その後、結婚指輪の交換は普及し、13世紀のヨーロッパでは一般化していたと言われています。

手作り結婚指輪

さて、指輪はどうして左手の薬指につけるのでしょう。
その起源は、古代エジプト時代の考え方だと言われています。古代エジプトでは、左手の薬指輪からまっすぐ心臓に太い静脈が走っていると考えられていました。マケドニア王国のアレクサンドロス大王がエジプトを征服したことで、この考え方が古代ギリシャに伝わり、「Vena Amoris:愛の静脈」として広まったと言われています。
古代エジプトでは、自分の命や心と直接繋がっている特別な場所を守るため、魔除けとして左手薬指に指輪を着けていたようです。また、心臓に感情の中心があると考えられていたので、大事な誓いをたてる時にも左手薬指輪が使われていたとされています。

手作り結婚指輪

結婚指輪を肌身離さず身につけるという習慣は、中世から始まったと言われています。結婚指輪は結婚を証明し、夫婦の結びつきを示すものなので、生涯外してはならないとされていたようです。
ヨーロッパでは、「結婚指輪を交換する際に、新郎が新婦の第2関節まで指輪を一気に通すことができれば、結婚生活では新郎が主導権を握れる」という言い伝えもあるそうです。

日本では、奈良時代から江戸時代まで指輪を身につける習慣がほとんどなく、装飾品として普及し始めたのは明治時代後半のことで、西洋文化の流入によって、指輪も一気に広まっていったようです。その後、大正時代には、結婚指輪の慣習は定着したと言われています。

手作り指輪

婚約指輪といえば、ダイヤモンドが爪留めされたソリティアリングをイメージされると思いますが、婚約指輪にダイヤモンドがあしらわれるようになったのは、15世紀頃と言われています。
ハプスブルグ家のマクシミリアン大帝(神聖ローマ皇帝)がブルゴーニュ公国のシャルル公の令嬢と婚約する際にダイヤモンドの指輪を贈ったことが起源とされています。
ダイヤモンドは、ギリシャ語で無敵を意味する “アマダス” が語源だとされるほど硬い鉱物です。美しい輝きを放つだけでなく、永遠を思わせるほどの硬さを持ったダイヤモンドは、愛と忠誠を誓うのにふさわしい宝石として人々に広く浸透していったのです。

日本で婚約指輪の慣習が定着したのは、昭和30年代半ば以降のことで、それまであったダイヤモンドの輸入制限もなくなり、次第にダイヤモンドを飾った婚約指輪が一般化していきました。

手作り結婚指輪

時代とともに変化していく愛のカタチ、
ひと昔前には、指輪を手作りできるだなんて、考えられなかったのではないでしょうか。
手作りならではの、十人十色のリングとその思い出たち。

おふたりにぴったりの婚約指輪・結婚指輪を
手作りされるのはいかがでしょうか。

ご相談のみのご予約も承っております。
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!

コロナ対策


〜CRAFYでは、ご来店いただくお客様に安心して指輪づくりをしていただけますよう、以下の予防対策を行っております〜

 *全店個室の完備、全作業テーブルへのパーテーション設置
 *スタッフのマスクの着用、健康管理の徹底
 *お客様がご自由にお使いいただけるアルコール消毒スプレーの設置
 *店内の工具・設備等、使用機材消毒の徹底

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る