ダイヤモンドについて

手作り婚約指輪

こんにちは、CRAFY吉祥店です。

今回は、婚約指輪で多く用いられるダイヤモンドのお話です。

ダイヤモンドは、天然の物質の中で最も硬い鉱物と言われており、
また、ダイヤモンドは屈折率が高くキラキラとした輝きが特徴です。

ダイヤモンドのカットにもいくつもの種類がありますが、
特に婚約指輪で多く選ばれているラウンドブリリアントカットです。
ラウンドブリリアントカットは58面体にもなる細かいカットが特徴的で
反射や屈折率など、ダイヤモンドを最も美しく輝く
計算つくせれた理想的なカットと言われています。

また、その輝きは4Cと呼ばれるグレードによって
より理想的な輝きに近いかどうかを見分けることができます。

色(カラー)
無色を表すDで始まり、色味が濃くなるにつれZとなっていきます。
無色透明が最も理想的とされ、色が少ないほどグレードが高いと評価されます。
色の違いは多くの場合が微妙で素人の目にはわかりづらいところがありますが、
このグレードはダイヤモンドの品質や評価に大きく左右されています。

透明度(クラリティ)
クラリティのグレードは、インクルージョン(内包物)や傷の数、サイズ、
レリーフ、位置などによって11段階のグレードで評価します。
内部も外部にも特徴がないものをFL(フローレス)とされますが、
天然の鉱物であるダイヤモンドの多くは、
顕微鏡で見ると何らかの特徴が見られます。

カット(プロポーション、シンメトリー、ポリッシュ)
ダイヤモンドのカットが光とどのように相互作用するかの尺度です。
ダイヤモンドの4Cの中で唯一、人間の技術によって左右される評価で
輝きの強さに最も影響する部分です。
5段階で評価され、最も理想的なカットのエクセレントが最も
強く輝くとされています。

カラット(重さ)
カラットは、ダイヤモンドの重さを表す単位で「ct」と表示されます。
カラット以外の条件が同じ場合、ダイヤモンドの価格はカラット数によって
価値が上がってきます。
ダイヤモンドは天然の鉱物であるため、大きなものはより希少価値が高くなります。

ダイヤモンドのグレードはカラット重量だけでなく、
これまでご紹介した4Cのすべての要素を使用して決定されいます。
CRAFYの婚約指輪て扱っているダイヤモンドは、
これらの4Cの評価を独自の基準に基づきバランスの良い
ダイヤモンドをご用意しております。

また、CRAFYではオプションで鑑定書をお付けすることも可能です。
これらのグーレドをより詳しく、プロポーションなども記したブックになります。
ご自身が贈る婚約指輪のダイヤモンドの評価の詳細を知ることができます。

また、多くの方が婚約指輪に選ばれるのが
リング中央にダイヤモンドをセットしたソリーテルと呼ばれるデザインです。
シンプルにダイヤモンドの輝きをメインにしたデザインで
どなたにも喜ばれる最もベーシックなデザインとなっています。

その他には、ダイヤモンドを中心に、リングの腕の部分に
小さなダイヤモンドを6石セットした婚約指輪や、
半周ダイヤモンドをセットしたエタニティタイプをお作りすることも可能です。

手作り婚約指輪

大切な人に贈る婚約指輪、ダイヤモンドのこと、デザインのこと
わたくしたち CRAFYスタッフに何でもご相談くださいませ。
一生に一度のプロポーズのお手伝いを精一杯させていただきます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る