そもそも結婚指輪って?

こんにちは。CRAFY表参道店です。

今日は、そもそも結婚指輪とは何なのか?いつからつけるようになったのか?
その意味ってなんだろう?という疑問についてお話しさせていただきたいと思います。

結婚指輪は夫婦となった二人が、永遠の愛を誓った証として身に着けられる物です。
結婚後はずっと指輪をしたままの方が多いため、結婚しているかどうかの目印にもなります。

結婚指輪は丸い形をしており、丸は永遠に途切れない愛情を連想させるため「永遠の愛・永遠の絆」の象徴となっています。

いつも結婚指輪を身に着けていることで、お互いの存在をより強く意識することができるものでもあります。

お互いに指輪を贈り合うことでお二人の絆を深く結び、永遠にこの愛が続きますようにという願いが込められているんです。

結婚指輪の起源は諸説ありますが、古代ローマ時代の9世紀頃に
ローマ教皇ニコラウス一世が結婚式で、結婚の証として指輪を交換したことがはじまりとする説が有力です。

結婚指輪に使われる素材といえばプラチナやゴールドのイメージですが、11世紀の文献には、花婿が花嫁にゴールドの指輪を贈り、花嫁は花婿に鉄の指輪を贈ったと記されています。

ヨーロッパに普及していった結婚指輪は、西洋文化が知られるようになった明治時代後半ごろから日本でも広がり始めました。

明治時代になるとキリスト教の結婚式も行われ流ようになり、結婚指輪の交換も少しずつ行われるようになってきました。

その後、大正時代には結婚指輪が一般的に知られるようになったといわれています。



なぜ薬指に結婚指輪を着けるようになったかというと、
古代ギリシャ時代の考え方がベースになっているといわれています。

当時、心は心臓に宿ると信じられており、左手の薬指は心臓と一本の血管で繋がっていると考えられていました。

心臓にいちばん近いとされる薬指に「永遠」を意味する指輪を着けることで、「永遠に相手の心と繋がる」ことを表していたと言われています。

結婚指輪が持っている意味や、指輪を贈り合う理由を調べる機会は少ないかもしれないのですが、結婚指輪は永遠の愛を誓った証です。

由来がわかれば、結婚指輪を着けることで相手に対する気持ちがより強くなるかもしれませんね。

また、そんな素敵な結婚指輪をお互いに一から作り上げられるのも
とっても素敵だと思いませんか?
一生懸命作った結婚指輪をお相手に着けてもらう、、、



作った時間も、相手のためを想う気持ちもより一層特別なものになりますよ!



ぜひ、一緒にお二人の永遠の愛の証を作りにいらっしゃいませんか?

素敵な思い出になること間違いなしです!

 

 



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る