誕生石について

手作り結婚指輪

CRAFY目黒本店です!
今回は誕生石についてのご案内です。

誕生石とは、1月から12月までのそれぞれの月にちなむ宝石のことです。
誕生石には、意味や効能があるとされ、身につけることで幸運を呼び寄せると言われています。

手作り結婚指輪

現在CRAFYでは、指輪をご制作のみなさまに、誕生石3石のプレゼントをさせていただいております。
石をお選びいただくのに、誕生月という制限はございませんが、意味でお決めいただくのも素敵ではないでしょうか。

そもそも、12種類の宝石を選び出し珍重する風習の存在については、古くは旧約聖書んまで遡ることができると言われています。新約聖書にも同様の記述が見られるなど、現在では、誕生石の起源を聖書に求めるのが一般的となっています。

日本で誕生石が定められたののは、1958年とのこと。アメリカで決められた基準をベースに、日本の風土・習慣に合わせて若干の修正が加えられています。

 

手作り結婚指輪

1月の誕生石:ガーネット
ガーネットの石言葉は「真実」「情熱」「友愛」「繁栄」など
石言葉からもわかるように、人々にエネルギーを与え、人と人との繋がりを深めてくれる石とされています。実ったザクロにも似ていることから“実り”を象徴する宝石とも言われており、コツコツと積み重ねてきた努力を実らせてくれる石とされています。

 

手作り結婚指輪

2月の誕生石:アメシスト
アメシストの石言葉は「誠実」「高貴」「心の平和」など
「紫水晶」という和名の通り、透明感のある輝きと美しいパープルが印象的なアメシストは、ギリシャ語で「お酒に酔わない」を意味する“amethstos”という言葉からきていると言われており、古代ローマでは、アメシストの杯のお酒を飲むことで人生の悪酔いから、自身の体を守ってくれるという言い伝えがあったそうです。

 

手作り結婚指輪

3月の誕生石:アクアマリン
アクアマリンの石言葉は「勇敢」「聡明」「沈着」「幸福」「富」など
精神に落ち着きを与え、穏やかで英和な気持ちに導いてくれる石と言われています。「海水」を意味するラテン語“apua marina”から名付けられたその名の通り、淡いブルーが美しい宝石です。コミュニケーションを円滑にするパワーがあるとされ「幸せな結婚」を象徴する石と言い伝えられてきました。

 

手作り婚約指輪

4月の誕生石:ダイヤモンド
ダイヤモンドの石言葉は「永遠の絆」「純潔」「清純無垢」「至宝の輝き」など
天然に存在する宝石の中で最もと言われる硬さとその透明な輝きから、人との関係を強め、心の汚れを消し去ってくれる効果があるとされています。その性質や石言葉から、特に結婚指輪や婚約指輪として選ばれることの多い宝石です。

 

手作り結婚指輪

5月の誕生石:エメラルド
エメラルドの石言葉は「幸運」「幸福」「愛」「健康」など
「エメラルドグリーン」の言葉通り、少し青みのかかった深い緑色が特徴的な宝石です。ダイヤモンドなどと共に4大宝石にも数えられる価値の高い石として長く人々に親しまれ、古代エジプトの女王クレオパトラもエメラルドを好んでつけたと言われています。時に「愛の石」とも称されるように、愛の力が非常に強い石とされています。

 

手作り結婚指輪

6月の誕生石:ムーンストーン
ムーンストーンの石言葉は「健康」「長寿」「純粋な愛」「富貴」など
最大の特徴は幻想的な輝き。ムーンストーンは数ある天然石の中でもシラーと呼ばれる光の揺らめきが強く出るのが特徴です。月を意味する“ムーン”が名前に付いているように、古来から「月のパワーを秘めた石」とされ、健康や恋愛、お金などに関して特に良い効果を与えてくれる石とされています。

 

手作り結婚指輪

7月の誕生石:ルビー
ルビーの石言葉は「情熱」「純愛」「永遠の命」「美」など
宝石の王様がダイヤモンドとされる一方で、宝石の女王と呼ばれるほど鮮やかな華やかさをもつルビー。燃えるような赤色には不滅の炎が宿るとされ、持ち主を災難から守り、困難に打ち勝ち、勝利へと導くパワーがあるとされています。ルビーのアイテムは「直接触れる・ブローチなどとして心臓の近くに身につける・体の左側につける」と良いとされているので、結婚指輪としてもぴったりの石とも言えるのではないでしょうか。

 

手作り結婚指輪

8月の誕生石:ペリドット
ペリドットの石言葉は「幸せ」「夫婦の愛」「平和」など
古代エジプトでは「太陽から飛んできた石」などと呼ばれ崇拝されてきたと言われています。暗闇でも輝く性質を持つことから、困難な状況の中でも希望の光を照らし「明るい未来へ導く石」として大切にされてきました。「太陽の石」という呼び名からポジティブの象徴・厄除けの効果が期待できるともされています。

 

手作り結婚指輪

9月の誕生石:サファイア
サファイアの石言葉は「慈愛」「誠実」「忠実」など
深みのある青色は揺るぎのない心の象徴だとされ、一途な愛の意味からエンゲージリングとしても人気の宝石。持つ人に落ち着きや集中力、意志の強さをもたらし、古来より権力者が身につけていたともされる価値のある石です。

 

手作り結婚指輪

10月の誕生石:ピンクトルマリン
ピンクトルマリンの石言葉は「潔白」「忍耐」「安楽」など
清廉で美しい徳を象徴するトルマリンはカラーバリエーションが豊富で、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の7色を生み出します。つける人との相性を選ばず、幸運を引き寄せるパワーがあるとされています。その中でも特にピンクトルマリンは愛の石とも呼ばれ、身につける人をより美しく見せる力があるパワーストーンとして人気があります。

 

手作り結婚指輪

11月の誕生石:ブルートパーズ
ブルートパーズの石言葉は「希望」「友情」「知性」
とてもクリアで美しく「ピュアな心、純粋な愛」を育む石ともされています。発想力を高め、コミュニケーションを円滑にし、集中力を向上させるパワーを持っているとされています。

 

手作り結婚指輪

12月の誕生石:タンザナイト
タンザナイトの石言葉は「冷静」「高貴」「誇り高き人」など
その名の通りタンザニアの鉱山のみで採れるという希少な石。ネガティブなエネルギーをポジティブに変換する力があり、「人生を良い方向へ導いてくれる」力をもつ石だと言われています。青や緑など、角度や光によって見え方が変化する「多色性」という特徴を持ち、その美しい色合いは「夕暮れ時の空」とも称されるほどです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る