槌目のリングでナチュラルな輝きを

こんにちは、CRAFY表参道店です。

皆さんは、槌目というテクスチャはご存知でしょうか?

金属の表面に金槌で叩いた目をつけることから、槌目と呼ばれています。

磨き上げた金槌で金属を叩くことで、その金槌の輝きが叩かれた金属にも移るため、槌目がほどこされた部分はその金属ならではの美しい色味と輝きが鮮やかに帯びていきます。

つまり槌目が施された金属は、もっともナチュラルな色味をした金属と言えるでしょう。

模様の大きさや、表面の質感によって、槌目模様の印象は大きく変化します。

 

CRAFYでは槌目のリングを作れるコースが2種類ございます。

一つは金属加工コースといい、お選びいただいた金属の地金をご自身の手で溶接・サイズ合わせ、表面の磨きまで行っていただけるコースとなっております。

槌目をお選びいただいた場合、表面を金槌で叩きサイズ合わせをしながら槌目を入れていただきます。

槌目模様は重ねれば重ねるほど立体感が出て手作り独特のあたたかみや金属の自然感の雰囲気に厚みが増していきます。

同じように金槌で打ち込んだとしても打ち込む位置、角度、力加減で模様がすべて違ってくるため、加減は少し難しいかもしれませんね。

ただ、そこを追求しながら唯一無二のおふたりだけの槌目模様を作ることができるその部分こそが金属加工コースで作れる槌目模様の魅力でもあります。

 

もう1つのワックス制作コースですが、こちらのコースでは指輪の原型をワックスという素材で作っていただくコースのため、医療用のメスや彫刻刀などを使って槌目を1つ1つ原型に彫っていただきます。

こちらのコースでお作りいただいた場合は、金槌で叩く作り方とは異なるので、正確には「槌目風」と呼ばれるテクスチャになります。

ご自身の手で慎重に槌目を彫っていけるので、槌目のバランスや大きさなどにこだわりたい方にはぴったりのコースです。

 

細かい槌目、大胆な槌目、ヤスリの目を残した槌目風…

ひと彫りごとに出来ていく模様を楽しみながらゆっくりと手作りをしていただけるのもこちらのコースの魅力の一つとなっております。

CRAFYでは、ピカピカに仕上がった槌目の上にあえてマット加工をかける、リングへのファッション性も兼ねた仕上げもとっても人気です。

お肌のお色味との兼ね合いでどんなマット加工をかけようか、と考えていただくのも、また一層完成への期待感が高まりますよね。

手作り結婚指輪

皆さんはどんな槌目がお好みでしょうか?

 

CRAFYではホームページやInstagramにて、今までにお作りいただいた素敵な指輪の写真をたくさん掲載しております。

ぜひ一度のぞいて、お好みの指輪を探してみてくださいね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る