プロポーズ〜婚約指輪〜

手作り婚約指輪

CRAFY目黒本店です!

結婚をお決めになる場合、プロポーズはつきものかと思いますが、
いざプロポーズをしよう!という時に、
さて何をしたら…となる方が多いのではないでしょうか。

手作り婚約指輪

まずはプロポーズに必要な準備として、婚約指輪を用意する方は多いと思います。婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれ、婚約の記念として男性から女性へと贈る指輪のことです。婚約指輪には宝石のついた指輪を贈るのが一般的ですが、近年ではダイヤモンドの指輪が定番として広く認識されているかと思います。

4月の誕生石でもあるダイヤモンドは、石言葉として「純潔・清浄無垢・純愛・永遠の絆」という意味を持ちます。
また、地球で一番かたい物質と言われていることから、ふたりの“固い”ご縁と結びつけ、傷つくことなく変わらぬ愛を贈りたいという想いや、透明なダイヤモンドのように純粋に愛する心を持ち続けたいといった意味を込めて、婚約指輪の宝石として選ばれているようです。

婚約指輪を差し出してプロポーズ…というのが、サプライズプロポーズの定番と言えると思いますが、いざとなるとサイズやデザインに迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

手作り婚約指輪

CRAFYでは、サプライズプロポーズでリングは後からをご希望のお客様に、ダイヤモンドでのプロポーズプランもご用意しております。
お花で飾り付けをしたリングケースにダイヤモンドを忍ばせ、ダイヤモンドだけでのプロポーズをしていただき、お相手のデザインのご希望に従って、リング部分を後からご制作いただいて、婚約指輪に仕上げさせていただきます。

手作り婚約指輪

とはいえ、リングでのプロポーズにこだわりたい!という方が大多数かと思います。みなさま、お相手のリングサイズをさりげなく調べたり、普段愛用されているリングを拝借して来られたり、あの手この手でリングサイズをお調べになっていらっしゃいます。
しかしながら、ジャストのリングサイズを気づかれないように調べるのは、なかなか難しいものです。少し大きめにお作りなって後からサイズのお直しをされるというのもおすすめではあります。

手作り婚約指輪

CRAFYで婚約指輪をご制作いただく場合、ご制作いただくのはリング部分になります。ストレートでダイヤモンドに向かってシェイプする定番のデザインから、ダイヤモンドを囲い込むようなデザイン、ウェーブリングなど様々なデザインでリングをご制作いただけます。

一生に一度の婚約指輪、手作りで想いを込めて贈られてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る