ジューンブライド(June Bride)

こんにちは!CRAFY鎌倉店です!

結婚にまつわる言い伝えのひとつである「ジューンブライド(June bride)
誰もが一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。

花嫁さんにとっては、結婚式をする上で一つの憧れでもありますよね・・!
本日は「ジューンブライド」について詳しくご紹介していきます!

ジューンブライド(June bride)」とは、
古くからヨーロッパで「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」
とされる言い伝えのこと。


意味や由来については諸説ありますが、
女性や子供、家庭の守護神であり、結婚や出産、育児の象徴とされている
ローマ神話の女神「Juno」を由来とする説。

「Juno」が守護する月が6月(June)であることから
この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると伝えられてきたようです。
 
また、かつてヨーロッパでは、
農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が禁じられていました。
そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、
祝福ムードいっぱいだったからという説もあるようです。 
 

日本では6月と言えば梅雨の時期にあたりますが、
ヨーロッパでは乾季に入り心地よい気候で結婚式が行える季節。

特に海外挙式を考えているカップルにとっては、
最高のウエディングシーズンと言えますね。 

日本では梅雨の時期に差し掛かるジューンブライド。
梅雨入りした日本もお天気が気になるところではありますが、
アイデア次第では上手に日本でのジューンブライドをかなえることができます!

手作り結婚指輪

入籍日(婚姻届出)を6月にする
一般的には6月に結婚式を挙げることをジューンブライドとよく呼びますが、
「挙式」のことを指すか「入籍」のことを指すか正式な決まりはないようです。

6月に入籍することをジューンブライドと呼んでも問題はないので
天候などが心配な方は、挙式は別の月にして入籍日のみ6月を選んでみても^^ 

6月の○○記念日を選ぶ
実は、6月には結婚式のテーマにぴったりの記念日が目白押し!
先日ご紹介した毎年6月第一日曜日は「プロポーズの日」
本日6月12日は「恋人の日」
6月第三日曜日は「父の日」

ジューンブライドにプラスして、
その日にちなんだサプライズ演出を取り入れてみても素敵ですね♩

6月ならではの小物アレンジ
「Juno」を象徴するユリの花、
この時期ならではの紫陽花やラベンダー、ライラックを用いて
花嫁のブーケや手作りのウェルカムボードに使うことも色鮮やかで素敵です。
ジューンブライドらしい雰囲気を完成させることができますよ!

また、梅雨入りする6月は雨の確率が高いですが、
その他の季節でも降る時は降りますよね。

雨が降るとガッカリ…となりがちではありますが、
昔から結婚式で雨が降ると縁起がいいと言われています♪

・雨降って地固まる
・祝福の雨
・神様からのレイニーシャワー
・濡れた花嫁は、幸せな花嫁

日本だけでなくヨーロッパでも
結婚式に雨が降るのは縁起が良いと言われているんですよ!

「どうして今日に限って…」と落ち込んでしまいそうですが
神から祝福されていると前向きになれそうですね◎

素敵な意味や由来を持つジューンブライド

日本ならではの取り入れ方や、この時期だから楽しめる
結婚式のアイデアやコーディネートなどがたくさんあります!

結婚指輪もそのひとつ。
手作りだから出せるこだわりや想いを込めてみてはいかがですか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る