CRAFYでの指輪の作り方!

こんにちは。
CRAFY表参道店です。

今日はCRAFYにある2つのコース、
【ワックス制作コース】【金属加工コース】
のご紹介をさせていただきたいと思います!

まず、インスタなどでよく出てくる
こちらの青い指輪。

これって一体何だろう?と思われた方も多いはず。

これは【ワックス制作コース】でご制作いただく指輪の原型です。

ワックスという、ロウソクのロウのような柔らかいお素材を
いろんな道具を使用して、切ったり、やすったり、磨いたり、、、
太さや形も自由自在に好きな形をご制作いただけます。

原型が完成した後は当店の職人の手によって
一つ一つ金属の指輪へと変えていきます。       

まず、お預かりした原型に湯口という、後々に金属の通り道になるものをつけます。

湯口をつけた後、鉄の筒の中に石膏と一緒に原型を流し込みます。
全体に熱を加えることで、石膏が固まり、
原型が中から溶け出します。

原型がとけだし、石膏の中に原型と同じ空洞ができるので
その中に金属を流し込み、水の中に投げ入れ
急激な温度差により石膏が割れて中から指輪が出てきます。

出てきたままだと表面に凹凸やざらつきがあるので
職人が一つ一つお磨きをして綺麗な状態で
お客様へとお届けしております。

ワックス制作コースだと、ご納期を通常一ヶ月半ほど頂戴しておりますが、
お急ぎで2週間からお渡しが可能です。

どんな形でも制作でき、作っていただいた形はそのまま残りますが、職人がお磨きをするので、
形にこだわりたい!職人に仕上げてもらいたい!という方にぴったりなコースです。

指輪が届いた瞬間、作った日のことを思い出して
とっても嬉しくなると思います♪


もう一つのコースが
【金属加工コース】

こちらのコースは実際に指輪になる金属に触れながら指輪をご制作いただくコースです。

棒状の金属からスタートします。

道具を使って少しずつ丸い形に整えていきます。

棒の端と端がくっつくまで調整し、ロウ付け(溶接)を行います。

きちんとくっついたら、芯金棒という丸い鉄の筒の中に指輪を通し
トントンカンカン木槌でサイズを合わせていきます。

ヤスリなどの工具を使い、表面をいくつもの工程で
傷をなくし、ピカピカに磨き上げます。

金属加工コースだと、作ったその日に指輪を持ち帰ることが可能です!
(石留めやレーザーでの刻印などご希望の場合はご納期2週間ほど。)

作れるデザインはストレートなリングのみ。(甲丸・平打ち・槌目)

実際に金属を使って指輪を作りたい!
その日に持ち帰りたい!
というお客様にぴったりのコースです。

一生懸命磨いてピカピカになっていく指輪を見れるのは感動します!

 

どちらのコースも指輪を作る時間を思い出にでき、
きっとその仕上がりに感動すること間違いなしです!

あなたはどちらのコースが気になりますか?

ご質問などはぜひお気軽にお問い合わせくださいませ!

お二人にとって最高の指輪とお時間を作っていただけるよう、
CRAFYスタッフ一同精一杯サポートさせていただきます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る