結婚記念日の名前と意味

CRAFY吉祥寺店です。


当店ではご結婚・ご婚約指輪、ペアリングのご制作をご希望される方が多いですが、
最近は「結婚記念リング」をご制作される方が多くなっています。


5周年、10周年、20周年記念、
紛失されたのでこの機会にお子様にご制作いただくといった方もいらっしゃいます。


デザインはちょっと遊び心を入れてみたり、
ご結婚指輪と重ね付けできるようにシンプルにしたり、
デザインはご自身で決めて、お子様にご制作を任せたり…

ご家族も交えて「記念イベント」としてご来店いただく方が多くいらっしゃいます。



ふたりで永遠の誓いをした日から、毎年巡ってくる結婚記念日。

結婚記念日はご夫婦にとって、絆を深めたり感謝の気持ちを伝えるとても大切な日です。

記念リングを結婚指輪に重ね着けすることで新鮮味が出るようになるので、
記念リングはもちろん、結婚指輪にもまた目が向くようになってくるのではないでしょうか。



年ごとの記念日の呼び方や意味もございますので、ご紹介したいと思います。



1周年 〜紙婚式〜
紙の様に真っ白な、夫婦としての初めての記念日です。
「白紙のような二人の将来の幸せを願う」という意味が込められています。


2周年 〜綿婚式〜
質素倹約・贅沢を戒める意味がある記念日です。
「綿のように二人の関係が柔らかく、もろい」イメージから「綿婚式」とされています。

3周年 〜革婚式〜
家族になり3年が経ち、倦怠期の時期ですが、「革のように粘り強く関係を築いていく」という意味が込められています。

4周年 〜花婚式〜
結婚4年目というのは、二人での生活にも慣れてきている頃。
これまで蒔いてきた種が、成熟して花を咲かせる時期ということから
「花が咲き、実りのある幸せな結婚生活が続くように」という意味が込められています。

5周年 〜木婚式〜
結婚して5年という1つの節目を迎え、夫婦が1つの木のように安定している様子を表しています。

6周年 〜鉄婚式〜
「鉄」のように強い絆の人生を願うという意味が込められています。

7周年 〜銅婚式〜
家族や財産など、安定する時期を「銅」に例えて、その安定を祝う意味が込められています。

8周年 〜ゴム婚式〜
「二人の生活に弾力性があるように」という意味が込められています。

9周年 〜陶器婚式〜
「陶器」のように夫婦の関係が壊れないように、お互いを大切に扱い守っていこうという願いが込められています。

10周年 〜錫婚式〜

「錫」のように美しさと柔らかさを兼ね備えた夫婦の関係性を願う意味が込められています。


デザインは、おふたりらしいハワイアンジュエリーにして、
内側には10周年の刻印を入れました。



表側にはご家族の誕生石を入れ、内側にはご家族のイニシャルをハートで挟んで入れました。



11周年 〜鉄鋼婚式〜
「鋼のように強い愛の力で結ばれる」という意味が込められています。

12周年 〜絹婚式〜
絹のようなきめ細やかなふたりの愛情を表しています。


お素材はお揃いにして、男性らしいシンプルなデザインと、
ミルグレインを入れて女性らしい華やかなデザインで仕上げました。



13周年 〜レース婚式〜
「レース」のようにさらに深く美しく織りなす彩りを示す愛の証という意味が込められています。

14周年 〜象牙婚式〜
年を経るごとに価値のたかまる「象牙」のように、夫婦の絆も年月が経つごとに価値が高まるようにという意味が込められています。

15周年 〜水晶結婚式〜
夫婦の水晶のような曇りのない信頼関係を表しています。


お子様の誕生石を八光留めで石を留めし、手をつないでいるようなイメージに仕上げました。
内側には手書きのレーザー刻印で3人のお子様のお名前を入れました。

結婚記念日には、15周年まで毎年呼び名があり、それ以降は5年ごとに呼び名があります。

20周年 〜磁器婚式〜
ご夫婦が共に歩んだ長い年月で
磁器のように固い絆で結ばれた夫婦という意味が込められています。


ご結婚指輪と重ねてつけられるよう、同じ形状でご制作いただきました。


25周年 〜銀婚式〜
結婚生活の一区切りと、夫婦の関係のいぶし銀の美しさを表しています。


オーダーにてご制作。2本重ねると愛犬のお名前になるよう彫りを入れました。

30周年 〜真珠婚式〜
夫婦が築きあげてきた大切な30年を富と健康をあらわす海の宝石に例えられています。

35周年 〜珊瑚婚式〜
35年かけて築いた夫婦の絆を、長い年月を経て成長する「珊瑚」に例えられます。

40周年 〜ルビー婚式〜
深赤色のような二人の深い信頼と誠意を表しています。

45周年 〜サファイヤ婚式〜
誠実で徳が高く、人々に慕われたふたりの結婚生活を表しています。

50周年 〜金婚式〜
金色の輝きを得た豊かさ大きな記念日という意味が込められています。

55周年 〜エメラルド婚式〜
深く静かで尊い夫婦の生活を表しています。

60周年 〜ダイヤモンド婚式〜
長寿と一族の繁栄を意味しています。

75周年 〜プラチナ婚式〜
「プラチナ」のように白金に輝く、奇跡のような最高の幸福という意味が込められています。

結婚記念日は、それぞれの年数によって異なる名称や意味があります。

結婚記念日の数え方やそれぞれの名称に込められた意味を知り、ふたりにとってより特別な1日になるよう演出してみてはいかがでしょうか。


結婚記念日をより特別で楽しい1日にするために、

お祝いのイベントにして「記念リング」をご制作してみませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る