男性にもお勧め「ミルグレイン」

指輪工房CRAFY京都店です。

結婚指輪(マリッジリング)選びで男性と女性のデザインでペア感をどうしようかと悩まれている方にお勧めのデザインをひとつご提案いたします。

それは「ミルグレイン(ミル打ち)」です。

ミルグレインはラテン語で「ミル→千」「グレイン→穀物の粒」というそれぞれの意味があり「千の粒」の意を持つ言葉には、沢山・子宝・永遠などといった縁起の良い言葉を連想させ、小さな粒が途切れることなく並ぶ模様からも潤沢・長寿・子孫繁栄という意味も表すため、永遠の愛を誓うマリッジリングにぴったりのデザインではないでしょうか。

ヨーロッパに古くから伝わる伝統的な装飾技法で、“たがね”といわれる道具を使って、指輪のライン・エッジ部分の地金に小さな丸い粒をつなげて打ち込んでいく技法のことで、ミル打ちともいわれています。

19世紀頃のイギリスやフランスでつくられたアンティークジュエリーに多くみられる装飾で、歴史ある美術館などで展示されているアンティークジュエリーにも施されている技術なのです。

ひとつひとつの粒を均等に繋げて刻むことから、熟練した職人の技が光るデザインでかつ型で作っている指輪とは違い「人の手」の温かみも感じられます。

実はミルグレインは男性にもオススメ!

デザインの特徴でもある、古くからアンティークジュエリーに使われていた通り重厚感のあるクラシックな仕上がりですので男性が身につけるとよりシックな印象を与えることができます。

また、女性の指輪ではダイヤモンドなどの石留めが一般的には多く施す機会がありますが男性の指輪ではなかなか石留めをされないので、シンプルすぎて少し物足りないと感じる方にはミル打ちはオススメです。

指輪の幅が広い男性指輪でも主張しすぎず程よいアクセントになりますし、女性とのお揃いでよりペア感も増します。

もちろん女性が身につけると可愛らしさと上品さをあわせ持ち、小さな輝きが増えて華やかな印象に!

身に着ける人によっても様々な印象を与えてくれるのも、ミルグレインの魅力のひとつですね。

さらに指輪の平らな面が少なくなるため、傷も目立ちにくくなるメリットも。

CRAFYの工房でご自身で手作りした指輪のひとつのエッセンスとして、職人の熟練の技術でミルグレインをプラスしてみるのも良いのではないでしょうか?

センターに1列、エッジ部分に2列といったように施す場所によっても違う表情がみられます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る