思い出と理想が共存する指輪

今日は「 結婚指輪 = 買うもの 」 と思われている方々にこそ、

お客様自身に手作りしていただく結婚指輪の良さを感じていただきたいなー!と思い、

筆を取っています。

 

これは私の相棒のヤスリたちと、すり板と呼ばれる彫金野朗の必須アイテム。

ここから、お客様へ届ける指輪たちが生まれます。

まだ職人3年生のスリ板ですが、ここには多くの指輪たちの記憶が詰まっています。

 

 

 

さて、話は結婚指輪に戻りまして・・。

 

お客様がショップをみている時、

「あー・・・この形好きだけどピンクゴールドがいいなぁ」とか

「もっとダイヤモンドたくさんつけたいのになぁ」とか

「せっかくだから二人だけの刻印が入れたいなぁ」とか、

 

理想まであと一歩!というくらいの、

極めて理想に近い指輪との出会いってありませんか?

 

「この形にプラスして、この加工があると本当の理想だけど・・・

でも予算を考えるとこれで妥協かな・・・って思ったんです。」なんて話を

ご相談にいらっしゃったお客様からよく聞きます。

 

そこでオススメしたいのが、手作り指輪。

そう、私たちの出番です。笑

 

 

手作りでよく選ばれる槌目に、違う色の金属を組み合わせて、

ふたりで3色の金属を大胆にあしらったり

 

 

 

 

マットな加工だけを共通にしつつ、ふたりの好みの形を追求して

ミルグレイン加工(ゴールドの指輪の上下にあるつぶつぶのことです!)を片方だけに指定したり。

 

 

 

デザイン選択は自由自在で、作り方は職人が一からレクチャーするので、

理想の指輪をご自身の手で作り上げることができるのが、手作り結婚指輪の最大の特徴です。

 

また、初めて指輪を作った時の歪さは、制作に慣れた職人が再現できるものではないですし、

その思い出の瞬間を閉じ込めているという点においても、幸せな瞬間を形にした宝物として

多くのお客様に大切にしていただいています。

 

結婚指輪がネット通販でも買える時代だからこそ、

お二人の思い出と理想が共存できる形を見つけて、

指輪を手作りするという選択肢を、選んでいただければ幸いです。

 

お問い合わせ/ご予約はこちらから

CRAFY目黒店

CRAFY鎌倉店

CRAFY吉祥寺店

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る